New Version 2018
InstallShield: 機能

Windows アプリケーション用の MSI および EXE インストーラと UWP および WSA パッケージを構築する方法

機能

オープン・ソース・ソフトウェアの検出とリスク評価* Premier Edition、Professional Edition、Express Edition

InstallShield が OSS の潜在的な脆弱性に対する防衛の最前線となります。自動化された高速スキャン 1 回でプロジェクト内の OSS コンポーネントを特定します。ライセンス義務を確認し、製品出荷の可否を意思決定することができます。

*InstallShield 2018 には、FlexNet Code Aware の 1 年間の無料サブスクリプションが付属しています。

ユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP)アプリ・パッケージおよび Windows Server アプリ・パッケージとの互換性を調べるためのアプリのテスト - Premier Edition、Professional Edition

InstallShield プロジェクトを数秒でスキャンして、アプリケーションと、Microsoft の Desktop Bridge(以前は Project Centennial)および Windows Server アプリ・パッケージ間で発生する可能性のある互換性の問題を自動的に特定することで、調査作業の時間を短縮します。

MSI プロジェクトからのユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP)アプリ・パッケージの作成 Premier Edition、Professional Edition

既存の InstallShield プロジェクトからユニバーサル Windows プラットフォーム・アプリ・パッケージ(以前は Project Centennial)を構築することで、Windows 10 で Windows ストアの準備をし、ソフトウェアのインストール・エクスペリエンスを簡素化できます。Windows Installer と UWP アプリ・パッケージの両方を構築して、顧客が求める導入シナリオを全てサポートします。

MSI プロジェクトからの Windows Server アプリ・パッケージ(WSA)の作成 Premier Edition、Professional Edition

既存の InstallShield プロジェクトから Windows Server アプリ・パッケージを構築して、Nano Server および Windows Server 2016 の導入の準備を行うことができます。顧客が求める導入シナリオの全てを簡単にサポートできるように、ビルド・プロセスで Windows Server アプリ・パッケージと Windows Installer パッケージの両方を同時に作成します。

複数の UWP アプリ・パッケージを 1 つにまとめる Premier Edition

導入とメンテナンスを簡素化するために、インストールをモジュール単位で開発してから、ビルド時にコンポーネントと依存関係を Windows ストア用の単一の UWP アプリ(Appx)パッケージにマージします。ストアの外部に直接配付するには、UWP アプリ・パッケージおよび他の依存関係を Suite/Advanced UI インストーラとバンドルします。

Windows Installer(MSI)インストールPremier Edition、Professional Edition、Express Edition

InstallShield の直観的なグラフィカル開発環境では、SQL データベース、IIS ビューの機能強化されたオプション(Premier Edition および Professional Edition のみ)、XML 編集などの高度なサポートにより、Microsoft Windows Installer(MSI)のインストールを迅速かつ簡単に作成できます。

InstallScript インストールPremier Edition、Professional Edition

強力で使いやすいスクリプト言語、InstallScript を活用し、ソフトウェア・インストールの柔軟性を最大化することが可能です。スクリプトベースのインストールや Windows Installer カスタム・アクションを作成できます。

MSI の Microsoft® App-V 5.1 への変換 Premier Edition

同じビルド・プロセスから Microsoft App-V 5.1 パッケージと Windows Installer MSI インストールの両方を作成できるなど、顧客企業に柔軟なインストール・オプションを提供します。また、顧客企業が複数の製品バージョンの仮想化インスタンスに即座にストリーム・アクセスできるようにすることで、チームは顧客の問題を素早くテストし、トラブルシューティングできるようになります。* Microsoft App-V が必要です。

マッピングされた MSI テーブルの関係 Premier Edition、Professional Edition

より正確な編集とトラブルシューティングを行うために、MSI テーブルがどのように関連付けられているかを把握します。手動によるテーブル編集の予期せぬ結果を軽減するために、このような変更がインストーラにどのような影響を与えるかを迅速に確認します。

ユニバーサル Windows プラットフォーム・アプリ・パッケージ、MSI インストーラなどをバンドルするためのカスタム・ブートストラップ Premier Edition

Suite/Advanced UI インストールでは、ユニバーサル Windows プラットフォーム・アプリ・パッケージ、MSI インストーラ、EXE セットアップ、Web Deploy パッケージなどを 1 つのインストーラにバンドルして、顧客によるインストールを簡素化します。機能強化により、スイート製品インストーラの作成が管理しやすくなりました。インストーラは、依存関係、サーバー構成タスク、PowerShell スクリプト、複雑なインストールに必要な全てのコンポーネントともバンドルできます。

Windows 10 のカスタム・タイル Premier Edition、Professional Edition、Express Edition

Windows Installer と UWP デスクトップ・アプリケーションを、鮮やかなタイルを備えた Windows 10 の開始画面に「ポップアップ」表示させて、ユーザー・エンゲージメントを向上させます。

多言語のサポートPremier Edition

InstallShield の開発ツールは、英語版と日本語版の両方で利用できます。InstallShield の 35 カ国語のデフォルト・ランタイム文字列を使ってインストールをローカライズし、その他の言語のユーザー独自の文字列を追加できます。また、条件を追加して、異なるファイル、レジストリ・エントリ、その他リソースを各対応言語に配布することも可能です。

Microsoft Web Deploy を使った Microsoft® Azure および Microsoft IIS への Web アプリケーションのインストール Premier Edition

Microsoft Web Deploy が新たにサポートされたことで、Suite/Advanced UI のインストールでは、ローカル・マシン、データセンター内のリモート・サーバー、クラウド上の Microsoft Azure など、顧客が選択したインフラストラクチャに合わせて Web アプリケーションを柔軟に導入できるようになりました。

簡単なインストール・テストのための仮想マシンの自動プロビジョニング Premier Edition

仮想マシンを自動的にプロビジョニングすることで、テスト時間を短縮し、手作業を削減します。テスト・イメージを選択すると、InstallShield により仮想マシンが自動的に起動され、テスト用のインストールが行われます。*VMware® vSphere、VMware Workstation、または Microsoft Hyper-V® が必要です。

Microsoft Team Foundation Server との統合 Premier Edition、Professional Edition、Express Edition

TFS ビルド・サーバー上で InstallShield プロジェクトをコンパイル、構築、管理できます。Team Explorer を使用して、Visual Studio ソリューションのビルドと併せて InstallShield プロジェクト向けにビルドを構成し、スケジュールを設定し、キューに配置することが可能です。

InstallShield CollaborationPremier Edition(5 ライセンスを含む)

分散型コラボレーション・チームを構築し、アジャイル開発プロセスにインストール開発を統合します。開発者、テクニカル・ライター、その他の関係者は、インストールのそれぞれの担当部分を作成および管理できます。

 

戻る InstallShield