フレクセラ・ソフトウェア、Armのエコシステムに収益化サポートを提供

2018年5月22日

フレクセラ・ソフトウェア、Armのエコシステムに収益化サポートを提供

IT Pro Active

フレクセラ、Armのエコシステムにシームレスな収益化サポートを提供

2018年5月22日

フレクセラ・ソフトウェア、Armのエコシステムに収益化サポートを提供

Nihon Keizai Shimbun

フレクセラ、Armのエコシステムにシームレスな収益化サポートを提供

2018年3月20日

フレクセラ・ソフトウェア、OSS管理ソリューションを富士通に提供

Nikkei Tech Native
フレクセラ・ソフトウェア合同会社(本社:東京都港区、以下フレクセラ)は、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下富士通)にIPライセンスコンプライアンス違反や脆弱性の脅威といったオープン・ソース・ソフトウェア(OSS)利用における重要な課題を解決するOSSライセンス・脆弱性管理ソリューションである「FlexNet Code Insight」を提供し、富士通社内にてOSSを管理していくことを発表します。
2018年3月20日

フレクセラ・ソフトウェア、OSS管理ソリューションを富士通に提供

Nihon Keizai Shimbun
フレクセラ・ソフトウェア合同会社(本社:東京都港区、以下フレクセラ)は、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下富士通)にIPライセンスコンプライアンス違反や脆弱性の脅威といったオープン・ソース・ソフトウェア(OSS)利用における重要な課題を解決するOSSライセンス・脆弱性管理ソリューションである「FlexNet Code Insight」を提供し、富士通社内にてOSSを管理していくことを発表します。
2018年3月20日

フレクセラ・ソフトウェア、OSS管理ソリューションを富士通に提供

Digital
フレクセラ・ソフトウェア合同会社(本社:東京都港区、以下フレクセラ)は、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下富士通)にIPライセンスコンプライアンス違反や脆弱性の脅威といったオープン・ソース・ソフトウェア(OSS)利用における重要な課題を解決するOSSライセンス・脆弱性管理ソリューションである「FlexNet Code Insight」を提供し、富士通社内にてOSSを管理していくことを発表します。
2018年3月9日

オープンソース戦略のためのアプリケーションセキュリティ

Cloud Watch
 現在、多くの企業が新しいソフトウェアアプリケーションの開発に何十億ドルも費やしています。トップ企業にとって社内で開発したアプリケーションは、その競争優位性をさらに高めるものです。
2018年3月9日

オープンソース戦略のためのアプリケーションセキュリティ

Yahoo! News Japan
 現在、多くの企業が新しいソフトウェアアプリケーションの開発に何十億ドルも費やしています。トップ企業にとって社内で開発したアプリケーションは、その競争優位性をさらに高めるものです。
2018年3月8日

オープンソースとサードパーティの使用状況に関する認識不足

Cloud Watch
ソフトウェア業界は時とともに変化しており、わずか10年前に使用されていた管理方法やベストプラクティスの方法だけでは、ソフトウェア製品を新たな脅威から保護するのに、もはや十分ではなくなっています。
2018年3月7日

オープンソースソフトウェアの脆弱性とライセンスを管理する5つのステップ

Cloud Watch
外部から入手したソフトウェアコンポーネント(以下、外部コンポーネント)に起因するセキュリティとコンプライアンスのリスクがまん延しつつあり、現在のソフトウェアサプライチェーン(※)の構造自体を脅かしかねません。その例として、ハートブリードなどは、いまだ記憶に新しいと思います。
2018年3月6日

オープンソースソフトウェアの知識のないCEOがビジネスを危険にさらす

Cloud Watch
収益性の高いソフトウェア製品を回収せざるを得なくなったソフトウェアベンダーや、ソフトウェアの脆弱性が検知されていなかったために何百万人ものソフトウェアユーザーが危険な状態にさらされた(ハートブリードなど)、といった事例はあまりにも有名です。
2018年3月5日

オープンソースの脆弱性リスクを防ぐために・第1回 スキャン!スキャン!スキャン!

Cloud Watch
 2017年に記録された脆弱性の数は、これほど膨大な数字になります。
2018年3月5日

オープンソースの脆弱性リスクを防ぐために・第1回 スキャン!スキャン!スキャン!

Yahoo! News Japan
 2017年に記録された脆弱性の数は、これほど膨大な数字になります。
2018年1月17日

Equifax事件の再発を防ぐために――2018年、オープンソースソフトウェア(OSS)向けリスク管理が不可欠になる理由 (1/3)

At Markit
全世界のソフトウェア開発で、オープンソースソフトウェア(OSS)を使用する動きが広まる一方、それに伴うリスク対策が遅れている。2017年、こうしたリスクは実際に大規模な情報漏えいや訴訟を引き起こした。こうした例を踏まえて、2018年は開発現場でどのような対策が有効なのか、専門家に話を聞いた。
2018年1月10日

フレクセラ・ソフトウェア、オージス総研と日本における販売代理店契約を締結

Nikkei News
フレクセラ、株式会社オージス総研と日本における販売代理店契約を締結
2017年12月26日

フレクセラ・ソフトウエア、、TA Associatesと投資パートナーシップの締結を発表

Nikkei News
フレクセラ、TA Associatesと新たな投資パートナーシップの締結を発表
2017年12月26日

フレクセラ・ソフトウエア、、TA Associatesと投資パートナーシップの締結を発表

IT Pro Active
フレクセラ、TA Associatesと新たな投資パートナーシップの締結を発表
2017年12月25日

オープン・ソース・ソフトウェアのリスクレポート

IT Media
フレクセラ、オープン・ソース・ソフトウェアのリスクレポートを発表 情報漏洩事件「Equifax」と同様のサイバー攻撃に警鐘フレクセラ・ソフトウェア合同会社(本社:東京都港区、以下フレクセラ)は、米信用情報機関大手のEquifaxから1億4300万人の顧客の個人情報(社会保障番号、生年月日、運転免許証、住所、クレジット・カード番号など)流出は、まだまだ氷山の一角にすぎず、このようなインシデントやセキュリティ侵害が今後まだまだ続いていく危険性があることをフレクセラの調査レポートにより発表します。フレ
2017年12月13日

OSSの利活用にあたってポリシーは策定していますか? - フレクセラ・ソフトウェア

Dmenu News
昨今、様々なシーンにおいて利活用が進むオープンソース・ソフトウェア(OSS)。
2017年12月13日

OSSの利活用にあたってポリシーは策定していますか? - フレクセラ・ソフトウェア

Gunosy
昨今、様々なシーンにおいて利活用が進むオープンソース・ソフトウェア(OSS)。
2017年12月13日

OSSの利活用にあたってポリシーは策定していますか? − フレクセラ・ソフトウェア

Biglobe News
昨今、様々なシーンにおいて利活用が進むオープンソース・ソフトウェア(OSS)。
2017年12月13日

OSSの利活用にあたってポリシーは策定していますか? - フレクセラ・ソフトウェア

Live Door News
昨今、様々なシーンにおいて利活用が進むオープンソース・ソフトウェア(OSS)。
2017年12月13日

OSSの利活用にあたってポリシーは策定していますか? - フレクセラ・ソフトウェア

Goo News
昨今、様々なシーンにおいて利活用が進むオープンソース・ソフトウェア(OSS)。
2017年12月13日

OSSの利活用にあたってポリシーは策定していますか? − フレクセラ・ソフトウェア

Infoseek News
昨今、様々なシーンにおいて利活用が進むオープンソース・ソフトウェア(OSS)。
2017年12月13日

OSSの利活用にあたってポリシーは策定していますか? - フレクセラ・ソフトウェア

Excite
昨今、様々なシーンにおいて利活用が進むオープンソース・ソフトウェア(OSS)。
2017年11月22日

6割超の企業がOSSのポリシーを策定せず、4割がOSSの管理者不在

Security Next
オープンソースソフトウェアの調達や使用に関するポリシーを策定している企業は37%で、6割以上がポリシーを策定していないとする調査結果をフレクセラ・ソフトウェアが取りまとめた。
2017年10月12日

OSSの脆弱性をチェックするWhiteSourceが日本でのビジネスを本格的に開始

Think IT
イスラエルに本社を置き、セキュリティソリューションを展開するWhiteSourceは、日本市場向けのオープンソースソフトウェアに対するコンプライアンスとセキュリティソリューションを展開する。日本での代理店、GDEPソリューションズ株式会社が記者向け説明会を実施し、無償トライアルの開始、パートナーの拡大などを説明した。GDEPソリューションズは、WhiteSourceのソリューションによって年間3億円のビジネスを目指すという。
2017年5月11日

オープンソースソフトウェア(OSS)にも不可欠なライセンス管理

IT Leaders
2016年末、米オラクルがJavaを無料で使用している顧客に対し監査を開始し,使用料を請求し始めたというニュースが報じられ、多くの利用企業が身じろぎました。確かにオラクルはソフトウェアの利用状況を監査していますが、このニュースに限っては、オラクルがJavaに対する方針を変更したということではなく、Javaのライセンス形態に起因した利用企業の誤認が混乱の発端のようです。