ソフトウェア脆弱性管理

セキュリティ・インシデントのリスクを効果的に削減するための基盤

脆弱性管理はセキュリティの必須要件です

Flexera の IT セキュリティ・ソリューションがお客様のビジネスを守ります。IT 運用チーム、開発チーム、IT セキュリティ・チームの連携を Flexera が支援します。

  • セキュリティ・リスクを軽減する効果的なソフトウェア脆弱性管理プロセスおよびセキュリティ・パッチ管理プロセスを構築(SecOps の改善)
  • コード内で使用されているオープン・ソース・ソフトウェアを特定し、それに伴うセキュリティ・リスクを評価(DevOps の改善)

市販ソフトウェアおよびオープン・ソース・ソフトウェア内に存在する、パッチ未適用のソフトウェア脆弱性が悪用され、それが世界中のあらゆる規模の企業の弱点になり、毎年数百万ドルのコストが発生するという状況が続いています。毎年、膨大な数のソフトウェア脆弱性が見つかっています。そのため、企業は、コストのかかるインシデントや侵害が発生する前に、悪用される可能性のある脆弱性を特定し、優先順位を決め、軽減するための効果的なプロセスを構築する必要があります。

Flexera Software では、脆弱性に関する情報と、その脆弱性の悪用および影響によるリスクを効果的に軽減するツールを提供しています。

Flexera Software のソフトウェア脆弱性管理ソリューション

Corporate Software Inspector

Corporate Software Inspector は、いつ、どこに、どのセキュリティ・パッチをどのように適用すればよいかを示すツールです。ソフトウェア脆弱性がインフラストラクチャの脅威となっているときに、その脆弱性に対する有効なパッチが存在する場合、脆弱性が最も深刻な問題を引き起こす見込みのある箇所と、適切な修正方法、そして展開方法を示します。

以下について続きを読む Corporate Software Inspector

Software Vulnerability Manager

IT セキュリティ・チームおよび IT 運用チームは、Software Vulnerability Manager から出力される情報を使うことで、脆弱性が悪用されて侵害され、コストが発生する前に、脆弱性のあるアプリケーションを継続的に追跡、特定、修正できます。Secunia Research によって明らかにされた情報、タイムリーな脆弱性勧告、正確な評価、セキュリティ・パッチすべてを 1 つのコンソールから確認することで、SecOps の施策を支援します。

以下について続きを読む Software Vulnerability Manager

FlexNet Code Insight

OSSライセンス・脆弱性管理がなぜ必要か?

クラウドやモバイルの活用、グローバル化が進むIT動向の中、コスト削減効果だけでなく、脆弱性やバグの修正、マルチプラットフォームへの対応に優れたOSSは、ITを活用する企業のビジネスに、もはや欠かせない存在となっています。 ガートナーの発表によれば、実に95%の主要IT企業が業務上不可欠なアプリケーションにOSSを活用しています。 一方で、ほとんどの企業が実際に使用しているOSSについて1割未満しか把握できていません。 FlexNet Code Insightは、IPライセンスコンプライアンス違反や脆弱性の脅威といったOSS利用における重要な課題を解決し、貴社の積極的なOSS活用を支援します。 。

以下について続きを読む FlexNet Code Insight