プレスリリース

フレクセラ、ソフトウェア・サプライ・チェーンの透明性を高め 顧客関係を強化するためマイクロソフトと協業

FlexNet Manager Suiteはマイクロソフトの新しいIntelligent Asset Managerに対応し、 顧客にソフトウェア・ライセンス消費の共有ビューを提供

イリノイ州アイタスカ - 2017年8月29日 - フレクセラ・ソフトウェア合同会社 (本社:東京都港区、以下フレクセラ)は、ソフトウェア・サプライ・チェーンを悩ませる大きな問題の解決に向けて、マイクロソフトと協業することを発表しました。両社はこの問題を解決するため、購入、配置、使用されたソフトウェアの数量の透明性を高め、可視化しようとしています。

この協業の鍵となるのが、マイクロソフトの新しい「Intelligent Asset Manager」です。ソフトウェアの消費と使用状況を互いに認識することで、多くの時間と費用を費やして出てくる混乱を招くような評価は過去のものとなります。マイクロソフトとその顧客は今後、その代わりにソフトウェアの価値についての議論に集中することができます。

フレクセラの社長兼 CEO であるジム・ライアンは、次のように述べています。
「フレクセラは、ソフトウェア・サプライ・チェーンが健全であるためには、透明性とベンダーの関与がどれほど重要であるかを理解しています。私たちはマイクロソフトと協力して、両社の顧客がより価値のある関係を構築し、ソフトウェア資産管理の導入から多くを得るために支援することをとても誇りに思っています」

マイクロソフトが発表したばかりの「Intelligent Asset Manager」をフレクセラのソフトウェア資産管理(SAM)ソリューションである「FlexNet Manager Suite」と連携させることで、顧客は所有するマイクロソフト・ソフトウェアの種類や配置済みか否か、使用権の有無を迅速かつ容易に把握できます。このサービスにより、マイクロソフトとその顧客の双方が合意した信頼できる基準値である「有効ライセンス・ポジション」*1が確立されます。サービス完了後、マイクロソフトの顧客はフレクセラの専用プログラムにより、「FlexNet Manager Suite」経由で新たな合意された有効ライセンス・ポジションの基準値を取り込み、マイクロソフト製品のライセンス状態を継続的に管理することができます。このフレクセラのソリューションは、マイクロソフトのパートナーも利用できます。詳細は、フレクセラまでお問い合わせください。

ジム・ライアンCEOは、マイクロソフトとの協業がソフトウェア・サプライ・チェーンに及ぼす影響について次のように述べています。
「サプライ・チェーンが健全である業界では、サプライヤーとバイヤーの間で購入した製品および使用している製品の種類、所有している製品の数量について疑問や不一致が生じることはまったくありません。しかしソフトウェアは、これにはまったく当てはまりませんでした。この重要な協業を通じて、フレクセラとマイクロソフトは、サプライ・チェーン再考の最前線にいます。この業界で初めて事前に合意された指標を利用して、管理された透明性の高いプロセスを構築しつつあります。最終的には、このプロセスにより、時間とコストが節約され、マイクロソフトとそのお客様との間の摩擦が排除され、コンプライアンスではなく価値に焦点を絞ったより戦略的な議論を行うことができるようになります」

※1 有効ライセンス・ポジション:マイクロソフトのSAMが提供するレポートの一つで、顧客が所有するマイクロソフト・ソフトウェアの配置とライセンス保有状況を比較。これにより、配置数とライセンス保有数に差がないか、未活用の領域がないかを特定することができます。

Flexera Software をフォローする…

Flexera Software について
Flexera Software は、アプリケーション製作者や企業がアプリケーションの利用率とセキュリティを高め、ソフトウェアを通してより多くの価値を得ることができるよう、サポートを提供しています。Flexera Software のソフトウェア・ライセンシング、コンプライアンス、サイバーセキュリティ、およびインストールの各ソリューションは、変化し続けるテクノロジのリスクとコストに対して継続的なライセンス・コンプライアンス、ソフトウェア投資の最適化、将来に対応できるビジネス組織の実現を支援するソリューションです。25 年以上にわたり市場を牽引している Flexera Software は、中立的で信頼性の高い知見と専門技術の発信源として、また、製品を通して自動化やインテリジェンスを提供する企業として、80,000 社を超えるお客様から高く評価されています。詳細は、次の Web サイトを参照してください。URL: http://www.flexerasoftware.jp

お問い合わせ:

Flexera
Amanda Ingalls
(949) 241-1515
aingalls@flexera.com

*第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。