プレスリリース

フレクセラ・ソフトウェアのエンタープライズ・ソリューション、 業界初の IT 資産管理とセキュリティ管理を統合

インベントリ・データを使用することができるようになり、 セキュリティ・チームがハッカーの脆弱性悪用を抑えることが可能に

イリノイ州アイタスカ - 2017年5月22日 - フレクセラ・ソフトウェア合同会社(本社:東京都港区、以下 フレクセラ)は、ベンダー、財務、リスクの管理および運用効率、最適化を向上させるために、業界で初めて IT資産管理とセキュリティ管理を統合することを発表しました。ソフトウェア資産管理(SAM)とソフトウェア脆弱性管理テクノロジーの統合はこのプロセスの第一歩であり、最終的に世界中の企業のセキュリティを強化していきます。今回、Vulnerability Intelligence Manager FlexNet Manager Suite の中核的なソフトウェアとハードウェアのインベントリ・データを使用してエンタープライズ・リスクを明確化できるようになりました。さらに、運用効率も向上します。

ハッカーは攻撃を開始または強化するときに、ツールキットを使用して既知の脆弱性を悪用します。その結果、重大なセキュリティ侵害が発生し、企業の評判などを傷つける場合もあります。Vulnerability Intelligence Manager を使用することで、企業は脆弱性を特定し、リスクに基づいて優先順位を付けることができます。フレクセラの脆弱性レビュー2017によると、登録されたすべての脆弱性のうち 81 %は、それが判明した日にパッチが公開されました。企業はほとんどの脆弱性にパッチを適用できますが、重大度に基づいて優先順位を付ける方法を知っていることが重要です。

フレクセラの SAM ソリューションである FlexNet Manager Suite から提供される名寄せされたソフトウェア・インベントリ・データを使用して、Vulnerability Intelligence Manager 内のソフトウェア脆弱性管理プロセスを促進できるようになりました。これによりプロセスが効率化し、SAM チームとセキュリティ・チームの共同作業が向上します。

フレクセラのエンタープライズ・ソリューションおよび戦略担当バイス・プレジデントの Tom Canning は次のように述べています。
「SAM チームとセキュリティ・チームが同じ視点でアプリケーションを見ることができれば、共同作業はより効率化します。SAM ソリューションとセキュリティ・ソリューションの統合は、これらのチームの連携を可能にし、組織のセキュリティ体制に好ましい影響をもたらします。フレクセラが新たに発表した製品統合によって、組織内に展開されているアプリケーションについて貴重な情報が提供されるため、セキュリティ脆弱性を監視する必要があるソフトウェアのより包括的かつ正確な一覧を自動的に構築・維持することが可能になります」

ソフトウェア資産管理とセキュリティの融合
フレクセラの SAM ソリューションは、IT 資産の可視化とコントロール、使用中のソフトウェア・コストの削減、ライセンス・コンプライアンスの継続的な維持を可能にします。このプロセスの一環として、FlexNet Manager Suite によってソフトウェア資産の検出とインベントリへの追加、ポートフォリオの合理化と統合によるソフトウェア・フットプリントの削減、サポート期間が終了したソフトウェアのアップグレードまたは削除を実行することができます。 これらのステップは SAM に不可欠であり、ソフトウェア脆弱性管理にも欠かせません。

また、Tom Canning は次のように述べています。
「弊社は最近このトピックについて 200 社以上のお客様を対象に調査を行いましたが、そのうち 50 %で SAM チームとセキュリティ・チームの連携がほとんどなく、サイロ化していることが判明しました。つまり、セキュリティ対策をサポートできるはずの SAM データが活用されていないため、業務に重複が生じ、組織のリスクが増大しているのです。それにもかかわらず、これらのお客様の 90 %は、単一の包括的な名寄せされたソフトウェア・インベントリを IT 運用チームとセキュリティ・チームが共有することで、コストを削減し、監査と脆弱性のリスクを抑え、効率性を向上できると信じています」

実際フレクセラの(ソフトウェア)資産の現状:組織に蔓延する無駄なコストとリスクのレポートによると、昨年 1 年間で 64 %もの企業がソフトウェア監査を受けていました(昨年の 63 %から上昇)。46 %は、2 回以上の監査を受けています(昨年の 38 %から上昇)。そして 23 %が、3 回以上の監査を受けていました(昨年の 19 %から上昇)。

本日発表した統合は、業界で初めて、組織が SAM プロセスとツールを利用してセキュリティ対策を強化し、ハッカーとサイバー犯罪者の攻撃対象領域を縮小することを可能にします。フレクセラは FlexNet Manager Suite と Vulnerability Intelligence Manager の統合によって、ソフトウェア脆弱性の管理とセキュリティ・リスクの緩和に効率的なプロセスを求める市場からの急を要するニーズに応えます。

Flexera Software をフォローする…

Flexera Software について
Flexera Software は、アプリケーション製作者や企業がアプリケーションの利用率とセキュリティを高め、ソフトウェアを通してより多くの価値を得ることができるよう、サポートを提供しています。Flexera Software のソフトウェア・ライセンシング、コンプライアンス、サイバーセキュリティ、およびインストールの各ソリューションは、変化し続けるテクノロジのリスクとコストに対して継続的なライセンス・コンプライアンス、ソフトウェア投資の最適化、将来に対応できるビジネス組織の実現を支援するソリューションです。25 年以上にわたり市場を牽引している Flexera Software は、中立的で信頼性の高い知見と専門技術の発信源として、また、製品を通して自動化やインテリジェンスを提供する企業として、80,000 社を超えるお客様から高く評価されています。詳細は、次の Web サイトを参照してください。URL: http://www.flexerasoftware.jp

お問い合わせ:

Flexera
Amanda Ingalls
(949) 241-1515
aingalls@flexera.com

*第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。